FXブログで投資に関するお役立ち情報を公開中

FXと株式投資はどちらが取引が有利なのか?

Office in King Farm
Office in King Farm by jcarbaugh.

FXや株式投資は世の中では空前のブームになっています。 政府の国家予算が心もとない、老齢年金の心配がある、銀行に預けても金利がゼロに状態が小泉内閣の貯蓄から投資への促進の政策が現在の安倍内閣でもそれが継続をしているのが一番の理由になると思います。

では、FXと株式投資で何が違うのかを考えていきます。 たとえば、取引時間は24時間やっているのがFXになります。 基本的にはFXは、土日を除く24時間取引になります。 根本的にFXは、銀行間取引が発祥ですから銀行が営業をしている時間が営業時間になりますが、銀行というと日本の銀行のイメージになると思いますが、銀行間取引というのは日本だけの限定取引ではありません。 外国為替というくらいですから、海外の銀行も対象になります。 基本的には海外の銀行が取引をしているときは、いつでもやっています。

たいていの海外の場合は土曜日、日曜日、祝祭日は営業していませんので、お休みになります。 しかし、中東には土日の概念がありませんので中東の銀行はありませんので土日も営業をしています。 投資家の間でよく言われる中東レートというのはそういう意味になります。 日本のFX会社は中東の銀行とは取引はありませんので、土日は営業をしていません。 一方、株式投資ができる時間というのは、東京証券取引所や日本証券取引所が営業している時間になります。

基本的には民営化をされたとはいえ、お役所になりますので土日はお休みなります。 営業時間は9時から15時までになります。 ただし、昨今は、いろいろな金融商品が出来ていますので、先物等は朝方の4時までやっている商品もあります。 夙に有名な個別株は基本的には、9時から15時です。 どちらが儲かるかといえば、断然に株式のほうが利回りはいいと経済学の理論上はなります。

FXが差益とスワップポイントの利益のみになりますが、株式の場合は、日本国内の場合は配当というのはスワップポイントに当たりますが、その上に差益が見込めます。 その株価には、日本の経済が成長している場合はそれが株価に上乗せされますので、利益は理論上株式のほうが儲かることになります。 どちらを選ぶかは、あなた次第になると思います。 もちろん、FXはレバレッジがありますので資金効率がいいですが株式にもレバレッジがあります 

おすすめGMOクリック証券

GMOクリック証券のキャプチャ
6年連続FX年間取引高世界第1位を達成したGMOクリック証券
原則固定スプレッドは米ドル円0.3銭、ユーロ米ドル0.4pips!

6年連続FX年間取引高が世界第1位に輝いたのはGMOクリック証券 FXネオ!原則固定のスプレッドは業界最狭水準で、米ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭、ユーロ米ドル0.4pipsとなっており、とにかく使いやすい独自の取引ツールも魅力の一つとなっています!

キャンペーン実施中

新規口座開設後、翌々月末までに新規建て取引を
合計2,500万通貨以上最大30,000円キャッシュバック実施中!
(南アフリカランドは10万通貨を1万通貨として換算)

取引
手数料
初回
入金額
レバ
レッジ
取引
単位
通貨
ペア
スプレッド
米ドル円 ユーロ円 ユーロ米ドル
無料 なし 1~25倍 10000通貨 19種類 0.3銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定
公式サイトで無料の新規口座開設
↑最短5分の簡単なお申し込み!口座開設だけなら完全に無料!

おすすめFX業者の厳選4社をピックアップ

GMOクリック証券
取引高世界第1位を達成したGMOクリック証券!2013年度オリコン顧客満足度ランキングではFX部門、手数料の満足度、取引ツールの使いやすさで第1位を獲得!
外為どっとコム
業界最狭水準スプレッドを採用している外為どっとコム!1000通貨単位の取引に対応し、米ドル円は原則固定(例外あり)0.3銭!口座開設数は40万件を突破!
YJFX!
あのヤフーグループのYJFX!取引高が世界第三位で1000通貨単位の取引が可能!特にスマホ利用に特化した取引ツールCymoが人気!
トレイダーズ証券
1000通貨単位で取引可能なみんなのFX!原則固定スプレッドがドル円0.3銭、ユーロ円0.4銭!バイナリーオプションに対応した「みんなのバイナリー」も人気!

ページトップに戻る