FXブログで投資に関するお役立ち情報を公開中

銀行が絶対に教えてくれない外貨預金の基礎とその裏事情

外貨
Dollars by 401(K) 2012.

1980年代のバブル経済期は超がつくほどの高金利で預金ができ、お金を放っておいても勝手に増えていく時代でした。しかし、物の見事バブルは崩壊し‘超’低金利時代に突入。そして今に至るというわけです。経済氷河期を乗り越え、少し持ち直したかに見える日本の経済事情。

しかし、銀行に預金をしてもほとんど増えないことに変わりはありません。バブル時代の金利は、正に夢と化したのです。だからといって嘆いている暇などありません。高金利時代を懐かしがっていても時間が過ぎていくだけですから、何らかの方法で対策を立てなければ資産を増やすことは無理なのです。

そこで一つご紹介したいのが、「外貨運用」という資産運用法です。日本円ではなく、外国の通貨を運用する投資法を一般的に「外貨運用」と言いますが、外貨運用のメジャーな投資法は外貨預金でしょう。外貨預金をしたことがなくても、聞いたこと又はネットサイトの広告などで見かけたことがあるのではないでしょうか?

外貨預金とは

私たちは通常、お給料を日本円で貰い、日本円を銀行口座の普通預金又は定期預金に入れますよね。しかし、外貨預金というのは、この通常の預金を外貨建てで行うのものです。以下、さらにわかりやすく説明しましょう。

平たく言うと、銀行口座に外貨を入金し預金することを外貨預金と言いまして、外貨建て預金とも言います。逆に、一般に私たちが行なう日本円での預金を円建て預金と呼ばれることもついでに覚えておきましょう。

では、外貨預金を行なう時、どんな手順を踏む必要があるでしょうか?基本的に、先ずは日本円を希望する外貨に両替します。その次に外貨を外貨預金専用口座に入れて預金します。1年の定期預金であれば、満期になった時その外貨を日本円に両替し、その日本円を受取ります。これが、外貨預金の基本的な手順となります。

外貨預金のメリットと意外な盲点

さて、外貨預金にはメリットとデメリットがあるわけですが、一つずつ考えてみましょう。円建て預金ではなく外貨建てで預金をするわけですから、何かしかメリットがなければただの面倒な預金方法になってしまいますよね。当然外貨預金にはメリットがあります。

最大のメリットは金利の高さです。円建て金利とは比べものにならないほどの高金利な外貨がありますが、金利は通貨によって違います。というのは、金利は各国の政策金利が基準となっているので、政策金利が高い国の金利は高く、逆に政策金利の低い国の金利は低い傾向にあるというわけです。

われら日本の政策金利は超低金利ですから、銀行の預金金利がとても低いのもうなずけますね。ですから、外貨預金を行なう時は、なるべく金利の高い国の通貨を選択し預金を始めるのがベストでしょう。

また、為替の値動きによっては、金利による利子以外に為替差益を得られる可能性があるのも、外貨預金の大きなメリットです。為替差益を簡単に説明すると、円高の時に外貨預金を始め預金が終わりの時に円安になっていれば、その差益を得られるのです。例を挙げて説明してみますね。

オーストラリアドル(以下、豪ドル)が1ドル80円の時に1万ドル分預金を始めたとしましょう。1豪ドル80円×1万ドル=80万円分の豪ドルを1年間の定期預金で預け、1年後為替レートが1豪ドル90円だとすると、自分のもとに戻ってくる金額は90万円となります(手数料、金利含まず)。このように、為替差益を得られることもメリットでしょう。

しかし、デメリットにご用心です。金利に関してですが、国の政策金利は景気状況に応じて変わることがあります。金利が低くなれば受取れる利子も減りますから、その点は大きなリスクとなります。

また、円から外貨、外貨から円に両替する時、必ず両替手数料がかかります。例えば、1豪ドルにつき1円の手数料がかかるとしたら、上の例のように1万豪ドル預金で合計2万円の為替手数料がかかってしまうのです(預金時に1万円、満期時に1万円)。この手数料はかなりのネックとなるでしょう。

また、為替リスクが強敵です。円高の時に預金を始め円安の時に満期を迎えれば為替利益を得られますが、満期時の為替レートが預金を始めた時よりも円高ですと、利益ではなく損失を被ることになるのです。

外貨預金よりFXがお得

以上、外貨預金のメリットも豊富ですが、リスクも相対的に大きいと言わざるを得ないでしょう。外貨運用は積極投資ではありますが、リスクに十分注意が必要です。ただし、このリスクは上手にコントロールできるものです。

外貨運用で且つリスクをコントロールしやすい投資法は、FX(外国為替証拠金)です。FXと外貨預金の決定的な違いは、24時間いつでも運用をストップさせることができる点なのです。外貨定期預金は、満期を迎えるまで原則解約不可ですが、FXは融通の利く取引ですからリスクコントロールがしやすい外貨運用と言えます。

また、外貨預金は【外貨を買う ⇒ 売る】の一方向にしか売買できませんが、FXは外貨を買うだけでなく売ることからも取引を始められますので、円高・円安どちらにレートが向かっているか関係なく売買可能なのです。円高に向かっていると思えば外貨を売ることから取引を始め、逆に円安に向かっている時は外貨を買うことから取引を始めれば良いのです。

外貨預金よりも手数料が断然安いのもFXの大きな特長です。ですから、外貨運用ならリスクコントロールがしやすく、且つ機動性の高いFXがオススメです。しかし、FX取引を始めるにしても基礎知識は欠かせませんから、まずはFXトレードに関する概要と基礎知識を学ぶことから始めましょう。

おすすめGMOクリック証券

GMOクリック証券のキャプチャ
6年連続FX年間取引高世界第1位を達成したGMOクリック証券
原則固定スプレッドは米ドル円0.3銭、ユーロ米ドル0.4pips!

6年連続FX年間取引高が世界第1位に輝いたのはGMOクリック証券 FXネオ!原則固定のスプレッドは業界最狭水準で、米ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭、ユーロ米ドル0.4pipsとなっており、とにかく使いやすい独自の取引ツールも魅力の一つとなっています!

キャンペーン実施中

新規口座開設後、翌々月末までに新規建て取引を
合計2,500万通貨以上最大30,000円キャッシュバック実施中!
(南アフリカランドは10万通貨を1万通貨として換算)

取引
手数料
初回
入金額
レバ
レッジ
取引
単位
通貨
ペア
スプレッド
米ドル円 ユーロ円 ユーロ米ドル
無料 なし 1~25倍 10000通貨 19種類 0.3銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定
公式サイトで無料の新規口座開設
↑最短5分の簡単なお申し込み!口座開設だけなら完全に無料!

おすすめFX業者の厳選4社をピックアップ

GMOクリック証券
取引高世界第1位を達成したGMOクリック証券!2013年度オリコン顧客満足度ランキングではFX部門、手数料の満足度、取引ツールの使いやすさで第1位を獲得!
外為どっとコム
業界最狭水準スプレッドを採用している外為どっとコム!1000通貨単位の取引に対応し、米ドル円は原則固定(例外あり)0.3銭!口座開設数は40万件を突破!
外為オンライン
5年連続でFX年間取引高No.1に輝いた外為オンライン! わかりやすいFX取引ツールをはじめ、豊富な情報コンテンツなど、FX初心者の方でも安心!
トレイダーズ証券
1000通貨単位で取引可能なみんなのFX!原則固定スプレッドがドル円0.3銭、ユーロ円0.4銭!バイナリーオプションに対応した「みんなのバイナリー」も人気!

ページトップに戻る