FXブログで投資に関するお役立ち情報を公開中

ボリンジャーバンドと一目均衡表を参考に見ていく

image
Man and gear by internetsense.

テクニカルの中で代表的なのにボリンジャーバンドというのがあります。FXでテクニカルを見るときに比較的使う機会が多いと思います。 ボリンジャーバンドは、幅が変化しないのをスタティックバンドといい、エンベロープとも呼ばれています。それに対し幅が変化するのをダイナミックバンドといい、有名なボリンジャーバンドと呼ばれています。 幅が変化しない方の上下は、移動平均線の-3%から+3%や、-2%から+2%を表示させることが多いです。エンベロープは固定幅なので上の線と下の線が常に一定の幅を保っていきながら推移していきます。

幅が常に同じだと移動平均線を見ているのとそれほど変わらなくなるので、上下の幅が変化するボリンジャーバンドを使い分けていくことでよりテクニカルの精度が上がってきます。 波形の見方は、バンドの幅が狭いときが続くときは揉み合い傾向にありレンジ相場になっていることが多いです。バンドが幅がだんだん広がっていくようになるとトレンドの傾向が強く現れてきます。

バンド幅がだんだん狭くなっていくときが反転のサインで、天井や底を示すことが多いように感じます。 ボリンジャーバンドは週足や日足、1時足でも通用するので比較的短期間でFX売買するときに見ていくと、予想通りの動きになることがあります。しかしながら経済指標の時間帯になるとボリンジャーバンドどおりには行かなくなり、その後のテクニカルもしばらく安定しなくなるので、日足や週足で見た方が良いこともあります。 1分足とか5分足で見ながら行う短期売買は、ボリンジャーバンドよりオシレータ系のテクニカルを見た方が良い場合もあります。

他のテクニカルで有名な一目均衡表がありますが、このテクニカルは半値を元に計算を出しているので、ボリンジャーバンドと組み合わせて見るときに参考になります。 奥が深いテクニカルともいわれており、一目均衡表だけで相場の世界がわかるともいわれているので、研究をしていけばさらに多くのことがわかっていき、この先どういう展開になるのか予想しやすくなると思います。 チャートの中の雲を中心に見ていきますが、雲より上にあるのか下に長くローソク足が停滞しているのかでトレンドがわかってくるので、ボリンジャーバンドと合わせながら一目均衡表も見ていくと転換部分が見えてきます。

おすすめGMOクリック証券

GMOクリック証券のキャプチャ
6年連続FX年間取引高世界第1位を達成したGMOクリック証券
原則固定スプレッドは米ドル円0.3銭、ユーロ米ドル0.4pips!

6年連続FX年間取引高が世界第1位に輝いたのはGMOクリック証券 FXネオ!原則固定のスプレッドは業界最狭水準で、米ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭、ユーロ米ドル0.4pipsとなっており、とにかく使いやすい独自の取引ツールも魅力の一つとなっています!

キャンペーン実施中

新規口座開設後、翌々月末までに新規建て取引を
合計2,500万通貨以上最大30,000円キャッシュバック実施中!
(南アフリカランドは10万通貨を1万通貨として換算)

取引
手数料
初回
入金額
レバ
レッジ
取引
単位
通貨
ペア
スプレッド
米ドル円 ユーロ円 ユーロ米ドル
無料 なし 1~25倍 10000通貨 19種類 0.3銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定
公式サイトで無料の新規口座開設
↑最短5分の簡単なお申し込み!口座開設だけなら完全に無料!

おすすめFX業者の厳選4社をピックアップ

GMOクリック証券
取引高世界第1位を達成したGMOクリック証券!2013年度オリコン顧客満足度ランキングではFX部門、手数料の満足度、取引ツールの使いやすさで第1位を獲得!
外為どっとコム
業界最狭水準スプレッドを採用している外為どっとコム!1000通貨単位の取引に対応し、米ドル円は原則固定(例外あり)0.3銭!口座開設数は40万件を突破!
外為オンライン
5年連続でFX年間取引高No.1に輝いた外為オンライン! わかりやすいFX取引ツールをはじめ、豊富な情報コンテンツなど、FX初心者の方でも安心!
トレイダーズ証券
1000通貨単位で取引可能なみんなのFX!原則固定スプレッドがドル円0.3銭、ユーロ円0.4銭!バイナリーオプションに対応した「みんなのバイナリー」も人気!

ページトップに戻る