FXブログで投資に関するお役立ち情報を公開中

年金が全く当てにならない時代に賢くお金を増やす3つの方法

老人の男性
Old man looking by Artis Rams.

高齢・少子化が進む中、いまだに全く解決されていない年金問題。年々受け取れる年金額が減っていくのを見ていると、国の年金システムに弥が上にも疑問を投げかけたくなるかもしれませんが、ここではあえて国や政府の問題について取り上げることは致しません。

結局のところ、知識と知恵を活用し自分の資産を築き上げ、将来の年金代わりになるものを自分で構築することが最善でしょう。年金が全く当てにならないのであれば、別の手段を立てれば良いのです。

では、あなたが将来十分に満足できるほどにお金を増やすためにはどのような方法が効果的と言えるでしょうか?資産形成を行なう上で、考えておきたい要素とは

  • リスク
  • リターン

この2点です。ご存知かと思いますが、このリターンとリスクは比例の関係にあります。リスクを取らなければリターンも微々たるものですが、リターンを積極的に狙えばそれだけリスクも大きくなり、下手すると資産のほとんどを失うこともあります。

ですから、その2つの要素を鑑みて資産形成していく必要があります。以下、ローリターン・ローリスクの資産運用方法、ハイリターン・ハイリスクのものまで3パターンの方法をご紹介しますので参考にされて下さい。

定期預金複利運用がベース

将来の資産形成が目的なら、リスクは取りにくいと考える方は少なくありません。確かに一理ありますから、その場合ですと、やはりローリターン・ローリスクな資産運用法を選択することになるでしょう。

ローリターン・ローリスクの資産運用法の代表的存在は、間違いなく定期預金です。ご存知かと思いますが、定期預金を含め利子が付与される預金はすべてペイオフ制度の対象となります。つまり、預入していた銀行が破綻しても、1000万以下の預金とその利子については完全保護されますので、リスクはほぼゼロとなります。

定期預金を含め、一つの銀行に預入れる預金を1000万円以下にするなら半永久的に利子を受取れるので、超低リスク資産運用と言えるでしょう。ただし、今の日本の銀行の金利はお世辞にも高いとは言えません。

そこでオススメなのは、定期預金で複利運用する方法です。複利運用とは、定期預金で付与された利子を、次期の定期預金の元本とする運用法です。そうすれば、資産が通常よりも早く増加することになるのです。

100万円を1年間、年利0.5%で定期すると、1年後に受け取れるのは5千円(税抜き)です。次に、利息を合わせた100万5千円を年利0.5%で更に1年間運用すると、満期で101万25円(税抜き)となります。毎年利子を懐に入れてしまうよりは利率が良くなるのは確かですから、複利運用で資産を手堅く増やしていきましょう。

少しだけ大きめのリターンを狙いたいならこれ

しかしながら、複利運用とは言え定期預金の利子はほんのわずか。年金代わりになるとは言い難いものですから、もう少しだけリスクをとってでもリターンを狙うのが賢明かと思います。では、ハイリターン・ハイリスク投資と定期預金のようなローリターン・ローリスクの中間的資産運用法は何でしょうか?

一例を挙げると、MMF(投資信託の一種)、日本国債、ディフェンシブ株(国内株式)などがそれに相当するでしょう。MMFも日本国債も元本割れはとても少ないと言える手堅い投資商品です。しかし、定期預金よりはたいてい高金利ですから、積極的に利用すると良いかもしれません。

また、ディフェンシブ株というのは、不景気時にも比較的安定した株価を維持する株式銘柄の事です。MMFや国債投資よりはリスクが若干高いかもしれませんが、それなりのリターンを期待できる資産運用ですから、ケースバイケースでディフェンシブ株を運用するのも一つの手段です。

ハイリターンな投資も魅力

さらに積極的にリターンを狙っていきたいならば、景気敏感株(国内株式)、新興国株、FXなどを採用することができます。上で挙げたディフェンシブ株とは違い、景気に左右されやすい景気敏感株なら、リスクがちょっと高い分大きなリターンを期待できるでしょう。新興国株も値動きが結構激しいですから、場合によっては大きなリターンが得ることが出来そうです。

注目したいのはFX、外国為替証拠金取引です。日本だけでなく世界中の個人トレーダーが為替市場での為替売買を手がけ、大きな利益を手にしています。基礎知識とその応用編、そしてリスクコントロールの仕方をしっかり学で挑むなら、リスクを極力抑えつつリターンを獲得することができるでしょう。

ただし、ハイリターン資産運用は相対的にリスクが大きいと言わざるを得ません。ですから、一つの見方として参考にしてほしいのですが、以下の点を順守して投資を行なうことにしましょう。

■資産運用は必ず余裕資金で行う
■7対2対1の原則で資産運用する
(ローリターン投資が7割、ミドルリターン投資が2割、ハイリターン投資が1割)

この2点を厳守で資産運用すれば、リスクに対処しながら資産倍増を狙うことができます。早速実践してみて下さい!

おすすめGMOクリック証券

GMOクリック証券のキャプチャ
6年連続FX年間取引高世界第1位を達成したGMOクリック証券
原則固定スプレッドは米ドル円0.3銭、ユーロ米ドル0.4pips!

6年連続FX年間取引高が世界第1位に輝いたのはGMOクリック証券 FXネオ!原則固定のスプレッドは業界最狭水準で、米ドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭、ユーロ米ドル0.4pipsとなっており、とにかく使いやすい独自の取引ツールも魅力の一つとなっています!

キャンペーン実施中

新規口座開設後、翌々月末までに新規建て取引を
合計2,500万通貨以上最大30,000円キャッシュバック実施中!
(南アフリカランドは10万通貨を1万通貨として換算)

取引
手数料
初回
入金額
レバ
レッジ
取引
単位
通貨
ペア
スプレッド
米ドル円 ユーロ円 ユーロ米ドル
無料 なし 1~25倍 10000通貨 19種類 0.3銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定
公式サイトで無料の新規口座開設
↑最短5分の簡単なお申し込み!口座開設だけなら完全に無料!

おすすめFX業者の厳選4社をピックアップ

GMOクリック証券
取引高世界第1位を達成したGMOクリック証券!2013年度オリコン顧客満足度ランキングではFX部門、手数料の満足度、取引ツールの使いやすさで第1位を獲得!
外為どっとコム
業界最狭水準スプレッドを採用している外為どっとコム!1000通貨単位の取引に対応し、米ドル円は原則固定(例外あり)0.3銭!口座開設数は40万件を突破!
YJFX!
あのヤフーグループのYJFX!取引高が世界第三位で1000通貨単位の取引が可能!特にスマホ利用に特化した取引ツールCymoが人気!
トレイダーズ証券
1000通貨単位で取引可能なみんなのFX!原則固定スプレッドがドル円0.3銭、ユーロ円0.4銭!バイナリーオプションに対応した「みんなのバイナリー」も人気!

ページトップに戻る